I LOVE 千歳烏山(+仙川)
東京都世田谷区にある『千歳烏山(通称:ちとから)』(と東京都調布市にある『仙川』)について独自の視点で紹介します!!京王線沿線です。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
京王線高架化工事、16年度以降に本格着工
日刊建設通信新聞より転載です。

16年度以降に本格着工/鉄道南側側道から着手/京王線(笹塚駅~仙川駅間)連立

「東京都と京王電鉄が計画している京王線(笹塚駅~仙川駅間)連続立体交差事業は、今年度で工事着手に必要な用地取得を始め、設計業務が進められる。約7.2㎞を高架化するもので、今後は用地取得状況に応じて、順次工事に着手することになる。工事はおおむね鉄道南側の側道整備から入り、鉄道の高架化を進める見通し。本格化するのは16年度以降になる模様だ。設計や工事は、京王電鉄が委託・発注する予定。2022年度の完成を目指す。事業費は鉄道付属街路整備を含め、1701億円を見込む。
 都が事業主体の同事業は、京王線の笹塚駅付近(渋谷区笹塚1丁目)から仙川駅付近(世田谷区給田3丁目)までの約7.2㎞を対象に、鉄道を高架化する。あわせて、鉄道高架構造物に沿って、側道(鉄道付属街路)を約5.6㎞整備する。
 高架化によって、井ノ頭通りなど25カ所の踏み切りをなくし交通渋滞を解消する。鉄道で隔てられている南北地域を一体化することで、安全性、防災性を高めるほか、新たなまちづくりにもつながる。
 既に高架化されている八幡山駅を除き、代田橋、明大前、下高井戸、桜上水、上北沢、芦花公園、千歳烏山の7駅(いずれも世田谷区)を高架化する。構造は、下高井戸、芦花公園の両駅が相対式、残る5駅を島式で、ホーム延長各210m、幅約2-10m。駅間の構造幅は約10.5mで、高さ約4.5-14m。
 12年10月に都市計画変更決定し、14年2月に都市計画事業認可を取得した。昨年7、8月に関係権利者を対象に用地補償説明会を開くなど、準備作業を進めている。
 工事は、▽鉄道南側の側道整備▽鉄道の高架化▽鉄道北側の側道と交差道路の整備--の流れで進む模様だ。
 世田谷区では、歩行者・自転車を中心とした東西方向の交通ネットワークを充実させるため、地域の生活道路として側道整備を進めていく。明大前、千歳烏山の両駅には、駅前広場を計画。他の駅についても側道や都市計画道路の整備状況に合わせて、駅前広場などを検討していく。高架下空間の利用についても事業の進捗に合わせて検討を進める。
 また、区は同事業を機に区民とともにまちづくりを進める考えで、地区の特性に応じて街の将来像を定める区独自のルールである「地区街づくり計画」を策定する。上北沢・桜上水・下高井戸地区が策定済みで、代田橋、明大前、千歳烏山、芦花公園の各地区で、それぞれ策定に向けた取り組みが進められている。
 都では、着工時期などスケジュールは「現時点では未定」としており、今後、用地取得などの状況を見ながら固めていくことになる。」


ようやく開始時期が見えたというところで、これから工事が本格化していくことになります。

千歳烏山駅は4線になる予定なので、高架部分がかなり大きく、高架化によって駅周辺の光景は一変すると思われます。高架下にはお店が沢山入りそうですね。

開始は16年度ですが、完成はいつになるのでしょうかね。用地取得の問題もあり、10年以上かかりそうな気がします。もしかすると20年とか、もっとかも。

中国なんかだとさらっと用地取得して大量の作業者を動員して1年くらいで完成させてしまうような気がしますが、ここ日本ではそうはいかないですものね。

気長に見守るしかなさそうです。


「I LOVE 千歳烏山」はブログランキングに参加しています。ランキング上位の世田谷ブログはコチラから↓↓↓


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。