I LOVE 千歳烏山(+仙川)
東京都世田谷区にある『千歳烏山(通称:ちとから)』(と東京都調布市にある『仙川』)について独自の視点で紹介します!!京王線沿線です。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
外環道で北烏山の一部は立ち退きか
猪瀬東京都知事が本日辞職し、2014年2月9日に都知事選があるそうです。

猪瀬知事の業績としては、東京五輪の招致というのは誰もが認めることだと思います。

そんな7年後の東京五輪に向けて急ピッチで建設が進むであろうのが、外環道。

練馬区の大泉JCTから東名JCTを結ぶ区間が未だ開通しておらず、一旦一般道に出なくてはならないのは、クルマを持たれている方はご存知の所。

距離にして16.2kmのこの区間、先月シールドトンネルの建設工事の発注手続が着手したとのニュースが流れていました。

東京五輪が開催される2020年までには完成を目指しているということです。

大泉JCTから東名JCTが未開通なために、本来であれば高速で通過するだけのクルマが一般道に流れ、環八通りなどが渋滞するのは有名な話です。

渋滞による経済損失を考えると、放射5号線と違って、個人的には外環道は「作るべき道路」だと考えています。

そんな外環道。大泉JCTと東名JCTの途中に東八道路インターチェンジと中央JCTが計画されているのですが、特に中央JCTについては北烏山の北部に一部立ち退きが発生しそうな見込みです。

具体的には以下のページ。
http://www.ktr.mlit.go.jp/gaikan/gaiyo/gainenzu/gainenzu05.html

地図の方角が、北が上でないので非常にわかりにくいのですが、東京電力の千歳変電所近くの中央高速の高架下あたりの部分はJCTの施設となってしまう計画です。

外環は大深度地下で、中央高速は高架なので、どのようなJCTになるのか不明ですが、高架から地下に繋がる道路が出来ると思われます。

ちなみに外環はつつじヶ丘と仙川駅の間を、地下40mの深さで南北に道路が通るようです。

あと7年で本当に完成するのか疑問ですが、計画は動き出したので動向を見守りたいと思います。


「I LOVE 千歳烏山」はブログランキングに参加しています。ランキング上位の世田谷ブログはコチラから↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://karasuyama.blog10.fc2.com/tb.php/739-fbb23609
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。